初期費用の安い賃貸住宅|物件近辺の状況を把握して賃貸を選ぼう|地図の利用で周囲を確認
インテリア

物件近辺の状況を把握して賃貸を選ぼう|地図の利用で周囲を確認

初期費用の安い賃貸住宅

住宅

家賃の1月分がお得に

賃貸住宅を探す場合、かつては住みたい町を実際に歩いてみて物件を探し、空き室の表示があれば家主に直接連絡を取るという方法がよく行われていました。しかし現在では、雑誌やインターネット等で広告をチェックし、その広告を掲出している不動産業者に物件を紹介してもらうというケースがほとんどです。後者のような形で入居に至る場合、通常、不動産業者には仲介手数料を支払うことになります。その額は家賃の1か月分が標準で、敷金や礼金などと並んで賃貸住宅に入居する際に必要な初期費用の1つに数えられています。ところが最近では、まだ数は少ないながら仲介手数料無料という物件も徐々に増えてきています。不動産業者によっては、すべての取扱物件が仲介手数料無料というところも出てきています。

家主にもメリットあり

仲介手数料無料物件は、厳密に言えば仲介手数料が完全に無料というわけではありません。実は、入居者の代わりに家主が手数料を全額負担している物件なのです。賃貸住宅に入居することは、入居者にとっては生活拠点の確保というメリットをもたらします。一方、家主側にもメリットはあります。それは言うまでもなく、家賃収入が確保できるというメリットです。つまり賃貸借契約の成立は借り手と貸し手の双方に利益が生まれるわけです。そのため、家主が手数料を負担しても問題はないわけです。そうした事情はともあれ、仲介手数料無料物件が入居者にとってお得な物件であることに変わりはありません。特に初めてひとり暮らしをする人の間では、家具や家電の購入費がかさむ中で初期費用が節約できるため、仲介手数料無料物件は非常に人気があります。